バイト先での秘密の残業

先月からある会社でアルバイトを始めました。以前はもやもやしてて人妻セフレ系サイトでひっそりセフレを作っていましたが、念願のオシャレ系デザイン関連の仕事だったので、週3回のバイトがすっごく楽しくて。

特に火曜のバイトは夜に残業することがほぼ恒例になってるんで、ホントその日が待ち遠しくてたまらないんだ。

だって、ヒヤマさん(仮名)とふたりっきりになれるんだもん。

はじめてバイトに行った日、ヒヤマさんとアタシは出会いました。

ヒヤマさんはその会社の正社員。でも、まだベテランというほどの地位はないみたいで、

とりあえず上からの命令でアタシたちバイトの教育係みたいな役をすることになったらしいんです。

ヒヤマさんは独身で、アタシよりもちろん年上。すごくかっこよくて、背が高くて、でも、少しおっちょこちょいで。

はじめて会ったその瞬間に一目ボレしちゃった(笑)

バイトのシフト的に3度目の出勤だったあの火曜日。

いつも通り17時に上がろうと仕事の片づけをしてたら、ヒヤマさんがアタシのとこにやって来て。

「ちょっと残って。キミ、あまりに使えないんで居残り。ビシビシ指導します。残業です」だって。

使えないヤツって言われたのはショックだったけど、ヒヤマさんと残業はかなりうれしかった。

と、皆が帰ったあと、ふたりっきりになった途端、ヒヤマさんが豹変した。

オオカミになったの。いきなりアタシを抱きしめて、キスしてくれた。

「はじめて見た時からキミを狙ってた」って。

アタシもそうだったもんとか思いながら、ヒヤマさんと舌をからませた。

激しいけどすごくやさしいキスで、すぐにアタシのいやらしい場所が濡れるのを感じた。

ヒヤマさんの舌がアタシのその濡れた場所をもっと濡らす。

うん。アタシたち、残業のフリしてセックスしちゃった。

それから火曜ごとに秘密の残業。最近はヒヤマさんもエスカレートしてきてバイブを挿入したまま階段の踊り場で露出しなさいとか…はずかしいけど、調教されちゃってます(笑)

大学の実験室で…

私、清楚なふりをしてかなりのセックス好き。

自分で言うのもアレだけど、大学時代は成績優秀、才色兼備なビッチでしたw

そんな私は特定の「彼氏」をもつのに飽き、セックスはもっぱら出会い系サイトでセフレとしていました。

セフレを家に呼んだり、セフレの家に行ったり、学校帰りにホテルに行ったりしましたが、

セフレとのセックスでいちばんよかったのは、大学の研究室でした。

1つ学年が上のセフレの卒業研究の協力という名目で実験室へ。

そこは机と研究用の機材が置いてある7畳くらいの個室。

最初は一応まじめに実験の手伝いをしていましたが、そのうちそういう雰囲気になり…。

まず、個室の鍵をしめ、部屋を真っ暗にして、誰もいない部屋のようにしました。

「○○教授、公私混同するの嫌うからなぁ。実験以外に使ってるってバレたらもう卒業研究できないな。」という彼に、

「こんなところでこんな事してるなんてバレたら、卒業研究どころか二人まとめて退学処分でしょ。」と返す私。

そこからは無言でセックス。

地下の実験棟ということもあって、人の行き来は少ないものの、実験室前の廊下には時々足音や人影が。

声をだすのをグッと我慢して、実験室の机の上でハメたり、最後は二人で床に崩れるようにしてからみあいフィニッシュ。

何事もなかったように乱れた服を直し、まじめに卒業研究の協力をしたという何食わぬ顔で実験室を後にした私ですが、実はその後もスワッピング出会い系サイトサイト知り合ったセフレともう一人のセフレと待ち合わせをしていました。

これは実験室でセックスしたセフレには秘密です。

もちろん、その後会ったセフレには実験室のセフレと、その情事は秘密です。

昨日、出会い系のサイトのセフレ達と

今日、旦那のあつしが子供を見ててくれるというので女子会があるとちょっと嘘ついてセフレの正人と近藤さんと3人で正人の家で飲みました。

私は露出セックスが、会社のカップルに見られてた事を話しました。

そしてその男の子と居酒屋と会社でセックスをしちゃった事も話しました。

正人が「そっかぁ、あのカップルが会社の人だったんだ~。
俺が見られてるよって智子に言った後、スゲー智子エロくなったもんな」って言ってきました。

近藤さんが「会社で仕事中のセックスってどうだ?しかも昨日の事だろ?俺は怖くてできなかったから興味あるよ」って、私のおっぱいを触りながら言ってきます。

私は「すごく感じちゃって、濡れ方が半端なかったよ~。私のおまんこ、おちんちんを簡単に飲み込んじゃったもん。」って言うと、2人が口をそろえて「智子のここはいつもちんぽを簡単に受け入れちゃうだろう~」って笑いながら2人共おまんこに指を突っ込んできました。

「ほらっ、やっぱりすでにビチョビチョじゃん」って言いながら近藤さんが、私のおまんこをスマホの動画で撮っています。

そして正人が私のおまんこを指で広げてちんぽを挿入してきました。

私の足を頭にくっつけるようにしておまんこがよく撮れるような体勢にしました。

ちんぽがおまんこに出たり入ったりしてる所を近藤さんはスマホを近づけて大きく映るようにしてるみたいです。

正人とそのままの体勢でセックスしてるとめちゃめちゃ感じてきて、撮られてる事も忘れて喘ぎ声をいっぱい出しながらイッてしまいました。

正人はイカなかったので、まだまだ勃起状態のおちんちんを近藤さんに入れたいらしく、近藤さんのスマホを私に渡してきました。

「俺らのセックス、きれいに撮れよ」って言いながら正人は近藤さんのお尻におちんちんをぶち込みました。

私はその様子を撮りながらすごくエッチな気分がぶり返してきました。

近藤さんのおちんちんも勃起してるのに誰にも相手にしてもらっていません。

でも、正人のおちんちんに感じてるみたいでエロい声をだしています。

私は2人の結合部分を撮りながら、近藤さんのおちんちんを私が手コキしてる所も撮っています。

撮れている画面を見ると、さらにエッチな感じがします。

今度はスマホを固定してベッド全体が映るようにセットして、3Pに夢中になりました。

3人で相手を変えながらセックスをしました。

相手を変えて2回イキました。

最後に私のおまんこに近藤さんがちんぽを入れて、近藤さんのお尻の穴に正人のちんぽを入れるいつもの体勢で同時にイキました。

撮っていたセックス動画を3人で見ながら、オナニーを見せ合いました。

その後は、そのセックス動画を顔だけモザイクにしてネットに投稿するという露出に3人でハマってるんです。
ぽっちゃり出会い系のサイトでアプローチされるリスクもありますが。。

究極の露出だと思いませんか?

全世界の人に私達の変態3Pを見てもらえるのだから・・・。

投稿した後、私達のセックスに関してのコメントを見るのが萌えるんです。

変態、エロ過ぎ、淫乱、気持ちよさそう・・・・などなど見た人の反応が分かるからますます興奮します。

3人でそれを家や携帯で見るのが共通の趣味になっています。

そのコメントを見ながら3人でテレフォンセックスやチャエッチをしたりする時もあるんです。

最高に感じるので、セックス撮影はオススメです。

平日昼間の地方百貨店やショッピングモールは意外と上手くいく!

学生時代、週に何日かは午後授業なしあるいは全日授業なし、という生活が普通にある。出会い系サイトを使ったりしてセフレを作ったり、また時間を使い、繁華街まで足を伸ばすことがしばしばでした。

地方の大学で、住まいから繁華街までは電車がなく、バスや自転車、バイクなどで移動してました。

平日の昼間、特にランチ前の時間帯に、百貨店やデパート、ショッピングモールなどに一人で買い物をしている女性はある程度経済的に余裕があり、時間もあると分析し、特に20代後半から40代前半の女性をターゲットにナンパに励んでいました。

対象となる女性が、隣を歩くのに恥ずかしくないよう、服装は非常にこだわり、キレイめの格好を選んでいました。

当時は若さも味方し、勢いで声を掛け、身につけているものよりは手入れを利かせている部分、例えばネイルや髪、メイクなど

細かい部分を主に褒める戦法で話掛けていました。

ランチ前に狙いを定めていたので、うまく話に乗ってくれれば、そのままランチを一緒にすることになります。

学生であることを隠さず、カッコつけず素で話をすると、割とあっさり食事も奢ってもらえました。

その方がまだ買い物が必要なときは、ご一緒することもありましたし、ランチを終えてそのまま近場のラブホテルへ、というパターンも多くあります。

私の場合は、主に30代中頃の人妻の方にかまってもらえていたので、金銭面はすべて相手負担がほとんどでした。

ただし、地方は狭いので、普段のようにナンパに勤しんでいる姿を、以前相手してもらった方に目撃され、ちょっとしたお咎めをくらった、なんてこともありましたので、多少のリスクは覚悟が必要になります。なのでニューハーフ出会い系サイトが一番手っ取り早いですね。

Hな出会いセフレな関係。3人で

課長と同僚の博史はセフレです。

3人で旅行に行きました。
目的地に着く道中でカーセックスしたり、
観光したり、旅館で3Pをしてたら仲居さんに見られてしまうという事が起きたり本当に楽しい旅行です。

そして、仲居さんに布団を敷いてもらいましたがまだ温泉に入ってなかったので混浴に入る事にしました。
3人で入っていくと男性が1人、友達同士らしい女性が2人入っていました。

私達は3人で輪になって話していました。
「さっきの仲居さん、私達の事他の仲居さんにも話してるんだろうね~。」とか。

そして男性はすぐ出ていきました。

たぶん女性がいる事で博史が興奮したみたいです。
私のおまんこに指を入れてきました。
透明のお湯なので課長にはすぐにバレてしまいました。

課長も私のクリをいじってきます。
どんどん私はエッチな気分になってきてきました。

すこし離れた所で女性達が話しています。
女性達に見せつけるように博史が私のおっぱいを揉んでいます。

女性達も気づいたようです。
「お~、これぞ混浴」って笑いながら話してるのが聞こえました。

課長がキスしてきました。
激しいキスです。
私は興奮しちゃって課長のおちんちんを触ると勃起してました。

さっきセックスしてイッたばかりなのに私達すごいな~って思いながら流れに身を任せてると、
女性達がキスをし始めたんです。
びっくりして見ていると女性達が私達に話しかけてきました。
「混浴って興奮しますよね。エッチ見せてください」って。

その言葉に興奮した博史が、課長と激しいキスをし始めました。
女性達が「すごい。男性同士のキスって燃えるわね」って言ってました。

女性達もお互いのおっぱいを揉み合ってます。
私は博史のちんぽを咥えました。
そして課長は後ろから私のおまんこにちんぽを挿入してきました。
なんかアダルトビデオにある構図を思い出し、仙台出会い系サイトであった彼とも。。なんて考えたり。ビデオと同じだ~って思いました。

女性達も興奮してるみたいです。

そんな状態で3人ともまたイッちゃいました。
その後博史が、課長のお尻にちんぽを挿入してセックスしてました。
博史がイッて、今度課長が博史のお尻に挿入してました。
博史の絶叫で果てました。

女性達は「エロいセックス見せてくれてありがとう」って言いながら博史と課長にキスしてました。
博史と課長はその女性達のおっぱいを揉んでいましたが、女性達はそこまでで拒んで温泉から出ていきました。

私はまだ興奮してて博史にもおまんこに挿入してもらい、気持ちがいいセックスができました。
その時、課長は自分のちんぽをシコシコしてました。

すっかり疲れてしまった私達は布団に入ると速攻寝てしまい気づいたら朝でした。

帰りは課長が運転し、博史と私が後部座席で露出を楽しみながら帰宅しました。
とても1泊とは思えないほどの内容ですごく楽しい旅でした。

一人旅での旅先での思いがけないナンパ

私は若い頃、一人旅が大好きでした。会社の長期休暇には、3泊程度の旅に良く出かけました。宿だけ予約し、後は自由気ままに、ふらつきます。一人旅は、自由で誰にも拘束されず、気を使う事もないのが楽しいのです。
しかし、夕食時に、宿泊客が皆、レストランや食事処にセットされた部屋毎のテーブルで頂く様な場合には、少し淋しい事もあります。こうした所では、家族連れなどの4人テーブルが窓際などの良い場所に設置され、一人旅の人は壁際の隅っこに2人掛けのテーブルの場合が多いからです。
ある時宿泊した宿も、こうしたセッティングで、壁際の隅に、私のテーブルと、もう一つがセットされていました。食事を始めて暫くすると、そのもう1つの一人用のテーブルに私と同年代の女性が座りました。少しの淋しさがあったのか、私は彼女に声を掛けました。
食事が済んでも、何となく別れがたく、宿にあるラウンジに誘い、そこで少しアルコールを飲みながら話し込みました。彼女は比較的美人で、ほんのりと赤くなった白い肌が本当になまめかしく、いつしか私は、彼女を何とかしようとナンパを始めていました。
ラウンジを出て部屋で飲みなおそうと誘うと、最初は渋っていましたが、私の後を着いて来ました。こんなに強引に女性を誘う自分に、自分自身が驚くほどでした。ビールを少し飲んだ後、彼女を抱きしめました。彼女は、駄目と言いつつも拒絶はせず、思いがけず、結ばれました。
彼女とのセックスが忘れられず、我々は、次の日の旅は、彼女と一緒に行動しました。その夜は新に取った宿に2人で宿泊し、前夜のおとなしいセックスとは全く違った激しいセックスを繰り広げました。旅先での開放観が、彼女をそうさせたのでしょうか。
彼女とは、それっきり、連絡先も聞かずに別れました。忘れ得ぬ、夢の様な一人旅でした。

お気に入りのサイトの更新が無くなりそう

気に入っていて毎日利用しているサイトが急にあまり更新されなくなりました。情報量もかなり少なくなって凄く心配しています。
ネットの世界は移り変わりが激しいので気に入っているサイトが無くなってしまう事も多いので寂しいです。

急にサイトの運営に飽きてしまう事もあるのでしょうか。毎日お世話になっているので本当にショックです。
更新がされていなくても気になってチェックしてしまうくらい好きなサイトでした。

似たようなサイトを探して行こうと思っていますがいいサイトって簡単には見つからないですしなかなか無いので困っています。
利用している物が急にサービスを止めてしまうと本当にショックですよね。一生続いていく事はないとわかっていますがそれでも終わってしまうと残念です。

次から次へと移り変わって行くのがいいと言う人もいますが自分はすぐに違う物に対応出来るタイプではないので愛着のある物を大切にしたいのです。
どうしようもない事もあるのでちゃんと適応出来るようになるしかありません。

英語のうたカードで英語の練習!

車に乗っている時間や家でのんびりとしている時に
音楽をかけて聞くのが趣味でもあります。
しかし、子供とほぼ一緒なので私好みの音楽ばかりか
けてもかわいそうかな~と思い本屋さんで英語のうた
カードがついた音楽CDを購入してみました。
毎日毎日聞いていると少し覚えるようで、最近では
自分で振付をしながらまだ英語にはなっていませんが
楽しみながら鼻歌を歌っています。
これはず~っと長く聞き続けると少しは英語が理解
できたり聞きとれる耳に成長するのでは!と勝手に思
いこんでいる私です。
でも、毎日の習慣は会った人と言っていましたが結構いろいろな面に影響してく
ると思うのでしばらく続けて様子を見てみたいと思い
ます。
私たちのような大人の脳だともう手遅れのような気
もしますが、子供だと柔軟性があると思うので一年後
には数曲は完璧に歌えていたりするのかな~なんて
期待してしまいます!
無理をしないでいろんなことが自然に覚えられたり
学べるのは苦痛にならないので理想的ですよね!

犬の気持ち

住宅街に住んでいるので、駅周辺などと比べると犬の散歩とすれ違うことが多い。
夕方ともなると一人で歩いている人よりも犬をつれて歩いている人のほうが多いのではないか、と思うぐらいだ。中には二匹とか三匹連れている人もいるのでもしかしたら歩いている犬の数のほうが人間の数より多いのではないかと思うこともある。人より牛や羊の多い国のことを思い浮かべるのは大げさだろうが。
時どき犬の飼い主同士で話し込んでいる光景も見る。飼い主の周りで同じ種類の小型犬がうろちょろしているのを見ているとかわいいものだと思う。
しかし考えて見ると、ここ数年、いやもっと前からだろうか、すれ違う際に吠えたり飛び掛ってきたりする犬が皆無に近いんじゃないかと感じる。
こちらがそっと近寄って手を伸ばしても気持ちよく触らしてくれる。
やはり服を着ている犬が多いだけあってしつけもしっかりされているんだろうな、人への慣れ方が以前とは随分違うんだろうな、と思いながら見ている。
犬同士でも吠えはしても取っ組み合い寸前みたいのは少なくなったようだ。
服を着ていない雑種犬が申し訳なさそうに静々とすれ違うとおまえもか、となにやらさびしい気もする。

仕事のあいまに拾えそうなお仕事を拾う

最近はずっとブログみたいな文章を描き続けています。その、ブログを書くのはお仕事だからです。すくなからずとも、報酬をもらえるのでとてもありがたい事だと思います。働いたことは結構苦労しました。そのあいま、あいま、をぬって、拾えそうな仕事はないだろうか、と探してしまうのがクセみたいになってきました。それが、小さい簡単なお仕事だったら問題はないのですが、長期のお仕事だった場合、 後に、後に、でどんどん詰まっていきます。でもまぁあそれがお仕事といえばお仕事ナノだと思います。安定したお給料が入ってくるのならとても喜ばしいことではあるのですが、ギャランティーもクライアントによってまちまちだったりします。納期の近い順に仕事をこなして行く感じだけで毎日がすぎていっている感じがしています。まぁあ、それが人生だと言ってしまえば、人生なのかもしれません。頑張ってこの生活を続けて行こうと思います。ただし、本業の方をおろそかにすることはできないので、きりのいいところで、見切りをつけないとならないこともあります。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.